2011年3月28日月曜日

今だからヨガ

明日、10:00からのHHIでのコブヨガですが、まだまだ残席があります。
普段木曜日や金曜日のコブヨガに来てくださっている方の参加も大歓迎ですので、
お時間の合いそうな方は是非いらしてください。

*コブヨガは、お子様連れの方及び子連れヨガにご理解のある方向けのクラスです*

HHIでは、初回で会員登録をしていただくため、入会金+年会費で600円が別途でかかります。

また、明日はHHI隣のふじさんめっせにて、被災地への救援物資を受け付けているようです。
以下、詳細です↓
 
富士市で、被災地支援の物資受付。
3/29(火)10時~19時「ふじさんめっせ」にて。
缶詰・米・カップ麺・レトルト食品・水・ジュース(ペットボトル)・トイレットペーパー・ボックスティッシュ・ウエットティッシュ・タオル・ラップ・生理用品。
※未使用未開封。食料品:賞味期限が半年以上。
 
ヨガに来てくださる方で可能な方は、是非物資の提供をお願いいたします。
 
 
 
このような状況の中、ヨガのクラスをみなさんに提供できることをすごく嬉しく思います。
これからますます多くの方に、ヨガをお伝えしていきたいと強く感じます。
 
私は、「ヨガの教室」や「ヒーリングサロン」を運営しているという意識よりも、
「サンガ」「コミュニティ」を共同創造しているという思いがあります。
 
今の状況で、未来を輝くものにするためにも みんなで話し合い、生の意見や情報を交換して、
アイディアを共有すること、いつものみんなの笑顔に癒されること、隣に居る人を安心させてあげること、など、
小さなことでもできることがたくさんあります。
募金や節電と同じくらい大切なことです。
 
先日のヨガの後に、生徒さんからメールをいただきました。
 
今日は久しぶりのヨガでリラックスした時間を過ごせました。
 
原発の話、瞑想、ヨガともによい時間をありがとうございました。
 
早速帰って●●(一緒に来てくれている生徒さん)と署名メールしました。
 
ひとまず、地震以来 ソワソワしていたり ダークな気持ちはそれとして進んでいこうと思えるきっかけとなりました。
 
またブログチェックするので発信お願いします。
 
 
ヨガクラスの前後で、このように気持ちを切り替えることができるのは自然なことです。
ヨガクラスに来てくれたことのある人ならわかるよね。
 
 
そのような意味でも、ヨガは必ずみなさんの助けになります。
 
 
Namaste,
真実

2011年3月24日木曜日

福島原発の廃炉を求める署名

きくちゆみさんからのメールを転載いたします。

きくちゆみです。沖縄で「つなぐ光」が立ち上がり、ぞくぞく被災者の問合せ、
お部屋を提供できる方の情報が届いています。基本的にインターネットで情報を
マッチングさせる仕事なので、ネットに強いボランティアも募集中です。

福島原発でつくられる電気は首都圏に暮らす私たちが消費していました。地元で
は使われていません。それでも今回、このような形で原発周辺の方が被災され、
多くの方が犠牲になりました。

どうか署名し、あなたのお知り合いにも広めてください。
ありがとうございます。

きくちゆみ

***********************************************
緊急署名を呼びかけます

郡山市長の要請を積極的に受けとめ、
ただちに福島原発10基の「廃炉」を決めてください。

***********************************************

3月19日の午後、原正夫郡山市長が「廃炉」を訴えたことを、重要な契機として
生かさなければ、と思います。
もう一つは、刻々、ヒバクの恐怖が、私たち市民にも襲ってくるかもしれない
とき、今までヒバクを前提として動かされていた原発に、多くの関心を寄せな
ければ、と思います。

ぜひぜひ、この署名を広めるために、ご協力下さい。

●署名用紙はウェブからダウンロードできます。
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

●送付先は署名用紙をご参照ください

●メール署名
送り先: fukshima.hairo@gmail.com
署名方法:上記アドレスに氏名(ハンドルネームは不可)、住所を書いて
送信して下さい。識別のためメールのタイトルを「署名賛同」として
下さい。

●署名での個人情報の取り扱い
本署名、メール署名での個人情報は本署名行動のため以外には使用しない
ことを約束いたします。メール署名でのメールアドレス等個人情報は署名
行動終了後廃棄します。

●締め切り:第1次集約 3月末日、第2次集約 4月末日

福島原発の「廃炉」を求める有志の会
連絡先:fukshima.hairo@gmail.com

自由意志の時代

東日本大震災の犠牲に合われた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、今なお苦しい生活を強いられている、被災地の皆様へ、お見舞い申し上げます。
そして、危険な状況にある福島原発が、日本列島、地球上にもたらす被害が最小限で済みますように。
浜岡原発始め、世界中の原子力発電所が一刻も早く停止しますように。
すべての皆様の心と体の健康が取り戻されますように。


今、日本中が世界中が、大変なことになっています。

しばらくブログをお休みしていて、書きたいことはたくさんありますが・・・

とにかくこの状況を見つめて、私が大事だと思うことは、

・排出機能の高い健康な体作り(玄米、塩、味噌、植物性発酵食品を摂る。白砂糖は控える)
・飛び交う情報に振り回されない精神力
・動物的本能(西、または国外へ移動するタイミングを自分で計る、またはここにとどまっても平気だと知る)
・募金、節電(これらの行動が当たり前になりますように)
・盲点は節ゴミ。瓦礫の撤去などで収集車がたくさん必要です
・祈ること。世界は意識で構成されています。

そのほか、多々ありますが、
すべて、普段から行うべきことだと思います。
こうなる前から、大切なことでした。

あまりにも、気づいていない人が多かったのではないでしょうか。
私も、偉そうなことを言っておきながら、今回の震災がきっかけで本当の意味での気付きを得ました。私が持っていたのは「知識」に過ぎなかったのかもしれません。
行動を起こして初めて、知識が知恵になります。
私以外にも多いと思います、気付いた人。

確かに今の状況は、悪い状況かもしれない。

ただ、一からやり直す機会にはなると思う。



私自身は、約10年位前から原発反対派を貫いています。
そんな私でも、行動としてはせいぜい署名か、ちょこっと人に話すことくらいでした。
話すと言っても、いつの日かキチガイ扱いされて以来、反対派の友人知人と話をするくらいで、推進派(中立の人や無関心の人含む)の人に意見を伝えることはほとんどしてこなかった。

「これを機に、みんなで行動しよう。まずはシェアしましょう」とヨガの生徒さんたちにメールを送りました。お返事の中にはこんなものもありました。
「今まで原発あってこその日本だと思っていた。日本が発展しているのは原発のおかげだと思っていた。でもこれではいけない。原発をなくしたいから行動する。」と。

このメールをいただいて、私の後悔としては、原発のことを詳しく知らない人にちゃんと話をしなかったこと。
私はヨガインストラクターやヒーラーをしているから、私の話に耳を傾けてくれる人は多いのに。

もし私が、もっと積極的に声をあげていたら、もしかすると少しは状況が違っていた可能性もある???それはわからないけど。

そのような意味でも、自分自身に対して責任を持たなければ!
せっかくみんな私の話を聞いてくれるのだから!
って、そちらの気付きもありました。

これからよりいっそう、自分に正直に生きていくことになりそうです。


とにかく、私たちの世代が今これを体験していることには意味があります。

ひっぱる強さのある世代だから!!

だから、みんなで協力して立ち上がり、この世界の再創造に向けて一歩一歩進みましょう。


それからですね、すごくすごく大切なこと。

放射性物質の影響は、ニコニコ笑っている人よりも
クヨクヨしている人に来ます。
動物実験でわかっているそうです。
笑いが皆さんの放射線恐怖症を取り除きます。

シータの先生をしている美緒ちゃんとも話しました。
言うまでもなく、離れているほど良いけど、
どんなに離れていても、放射性物質の進入を許してしまえば影響は出てくる。
逆を言うと放射性物質はそのくらい恐ろしいもの。

いよいよ自由意志の時代がやってきたように思います。
強い意志を持ちましょう。




LOVE & LIGHT,
真実

2011年3月10日木曜日

シニアヨガTT受講しました☆

清水のお友達、mizちゃんのスタジオで、お勉強してきました!

ああなんだかまた、目指すものがはっきりした。

まず、岡部朋子先生があまりにも素敵でした。
すごくフレンドリー、知的、優しいまなざし。ジャッジメントをしない、寄り添い上手!
http://medical-yoga.jugem.jp/
ブログもめっちゃくちゃ勉強になります!


シニアの方向けのヨガは、難しいことはしなくていい。
QOL(Quality of Life)の低下を防ぐ、つまり、なるべく他人の手を借りずに自分のできることをして、自尊心をはぐくむ(低下を防ぐ、再生する)ために行います。

私は個人的には、年をとることにあまり抵抗がないけれど、それはまだ自分が30歳だからかもしれません。
70歳、80歳になったら、30歳の今、当たり前にできていることの中に、できなくなっていることもあると思います。
それはそれで自然なこと。
ただ、必要以上に人の手を借りることで、自分の体力、筋力、自尊心や生きる張り合いみたいなものを失ってしまうよりは、人生経験を積んだからこその「今」を最善の形で受け入れることができたら、それが「健康」だったりするのかな。と思う。。。。


私がシニアヨガに興味を持ったきっかけはというと。

ヨガって、みんなに開かれているもの。
だけど、「ヨガ」と聞いて尻込みしてしまう人は多い。

実際、初めてクラスに来られる方からの質問で一番多いのは、
「体めちゃくちゃかたいですけど、大丈夫ですか?」ってやつ。

大丈夫ですから!笑

ヨガのイメージが先行してしまってるのでしょうね。
柔軟性、筋力、体力、超人、空中浮遊、頭立ち、アクロバティック、修行、断食、、、
↑のイメージは各流派によるところも多少はあるかもしれないけど、
本当に誰でもできます。呼吸をしている限り。
今日、岡部先生もおっしゃっていました。
「死の床にいてもヨガはできます」と。
私はシャバアサナで死んで生きたい笑


話は逸れましたが、
シニアヨガに興味をもったきっかけですねw

せっかくみんなに開かれているヨガ。
ベビーからシニアまで、みんなで楽しむことができる。
だけど、私は30歳だから、シニアの皆さんのように人生経験をそこまで積んでいないし、
実際に自分のおばあちゃんに健康についての相談をされても、憶測でしか話ができない。
みんなのためになりたいけれど、そのためにきちんと学びの場で吸収したい。

というのがそもそものきっかけです。


いろいろ書いていたらだらだらっと書いてしまいそうなので、
続きはまた書きますね~。


とりあえず。
シニアのみなさんが、自分でできることをできるようになり、
可能ならば今までよりももう少しできるようになり(立てない人は立てるように)、
外に出る機会が増えて、転倒への恐怖が減って、
孤独を感じることが減って、お友達が増えて、
笑う時間が増えたら、いいなあ!!


シニアヨガって、相手(生徒さん)の世界に寄り添うことだなって思った。

ヒーリングですね。

2011年3月7日月曜日

今週の楽しみ★シニアヨガTT

木曜日に、シニアヨガの指導者養成講座を受けてきます。

高齢者の健やかな生活の鍵を握るのは
  • 生活の中で続けられる運動を取り入れること
  • 安全であること、怪我をしないこと
  • 代謝があがり食事が美味しいこと
  • よく眠れる(生活リズム)こと
  • 孤独感からの開放:自分は一人じゃないと実感できること
  • 過去や未来への不安ではなく「今」を生きていることに感謝できること
などが考えられます。
ヨガは操体と呼吸を組み合わせた健康法でありながらこれらの要件を無理なく満たすことができます。


(ルナワークスHPより抜粋)

シニアヨガにはずっと興味があったんですが、お年寄りの心身、まだ30歳の私にはわからないことがたくさん。
だからちゃんと勉強したい!って思っていました。

シニアヨガ、師事するならこの先生!って注目していたのは、岡部朋子先生。
お会いするのは今回が初です。
代替医療としてのヨガを研究されているようです。

私のスケジュールでは、東京にTTを受けに行くのもままならない・・・
さて、どうしようと思っていたところ、
なんと、清水でヨガ&ピラティスの先生をしているお友達のmizチャンが岡部先生を呼んでくれるって!
即答で「行きます!」と返事をしたのでした。

木曜日。すっごく楽しみです。

TT終わったらまた報告します♪

岡部朋子先生
http://medical-yoga.luna-works.com/index.html
http://medical-yoga.jugem.jp/

シニアヨガ
http://medical-yoga.luna-works.com/senior/index.html

清水のお友達mizチャン主宰のOn the Mat
http://www.on-the-mat.com/
http://onthemat.eshizuoka.jp/


左から、mizちゃん、私、りみちゃん。
   

あと、PMS(月経前症候群)の勉強もしなくては!
ヨガの勉強、楽しいです★

2011年3月6日日曜日

人生は、望んだとおりになる

私をシータヒーリングの道へと案内してくれたのは、京都時代に知り合った友人。
ソウルメイト、ソウルシスター、親友。先生?お姉ちゃん?
知的でユーモラスで美しくてかわいらしい。
どのようにして私がシータを学ぶようになったのか、についてはまた近々。
彼女に、「近い日にヒーラーになるよ」って予言(?)されて、1ヶ月以内にはシータを学び始めていた。偶然!?
彼女はシータヒーラーで、シータインストラクターで、なんと私の先生の先生なのでした!これもまた偶然!必然!?
そんな彼女が、先日ミクシーに面白い日記を書いていたので、許可を得て転載します。
以下↓↓
平均身長が150センチ未満の、アフリカのバカ族(ピグミー)と呼ばれる民族の男の話。


彼は、彼の属する集落の中でも140センチと背の小さい方で、

背の高い者が酋長となる文化の中で彼は常に


「あと少し身長が高ければ・・・あと10センチだけ高ければ、俺が酋長になれたのに。」


と強く思っていました。

一生、この望みだけを願いつつ、彼は死んでゆきました。



この男の魂が輪廻転生をし、次の生を受け・・・望み通り!!!

前世よりも10センチ高い、150センチの身長で生まれ変わりました。



・・・ただし、ヨーロッパの男性として。





^^^^^




この例え話は、約2年前フィリピンに滞在中の私の師に

「どういう人生を送りたいのか、何を望んでいるのか」、を

かなり深く掘り下げ聞かれた際に、私に話してくれたもの。


ちなみに、当時の私は「150センチの身長」を目指していました。

で、今は!?

ふとこの”年の瀬”、思い返すのでした。




そして貴方なら・・・身長170センチを目指しますか、

それとも180センチ?


それとも・・・・!?!?!?ウインク




デスクワーク中、書き留めていたメモが出てきたのでアップしてみました☆

=====================================

最近の私、「望み」がどんどん叶ってます。
もっといろんなことを、望んでしまおうってたくらんでいます。

遠慮してると、なかなか叶わないかも!?
「●●がないから無理!」「●●があるから無理!」
っていうのを取り払うと、いいみたい。

私自身、シータを学んで一番変わったかな?と思えるのは、
「人生思い通りにならなくて当たり前!」
という思考を手放すことができたことかな。

「人生は私の望んだとおりになる」
「私は願いを現実にする価値のある人間」

上っ面だけでなく、こういう思考を自分のものにしてしまえば、
すべて楽しい。
って思える!

だから私は、満足しながらもどんどん先に進んでる。
「現状に満足してないから、上を目指す」のとは少し違う。
今は今で、めっちゃ満足して楽しんでる!
だけど前に進むのも、これまた楽しい。

「今に満足して、しあわせ」でありながら、さらに未来を思い描いてます♪



Love,
Mami


 
 

2011年3月2日水曜日

イメージし続けていること。

なかなかブログを書く時間がとれない最近ですが、強く思ったことがあって先にmixiにアップしましたので、そちらからほぼコピーで、失礼します。

マイミク(友人)向けの文章であることを御了承くださいませ~。

以下!!

ご存知のとおり、私はヨガのインストラクターをやっていて、ずいぶん前からヨガスタジオを作りたいという夢を持っていました。

それはヨガを始めたころは思ってもいなかった、いつから思っていたのかよくわからない。
いつの間にやら生徒さんを迎えるようになり、いろんなトレーニングを受け、現在は自分の拠点を持ちながらフリーで活動しています。さまざまな場所でレッスンを開催し、出張レッスンをし、イベントでワークショップを開いたり、ボランティアでレッスンをしたり、しています。


今はまだスタジオと言えるスペースはないんだけど、
なんだか最近自分の中でのビジョンに変化が現れてきていて。。。

ん?スタジオ?????
私はただ単にヨガのお教室をしたいのと、ちょっと違うんだよねー。。

ヨガを実践すれば、シャンティでいられる。
それはもちろんその通りなんだけど。

なんていうんだろうか、
私みたいな立場からすると、極端なはなし、「みんなヨガすればいいのに~」って思う。
だけど別にヨガが入り口じゃなくてもいいし、ヨガ(のアサナ「ポーズ」)をしないことを選ぶ人にもオープンな空間や時間を提供して、コミュニティを作りたい、共有したい、ということ。
別にそこに、ヨガ(のクラス)があってもなくてもいいから、みんなが笑い合っていたらいいな。ってこと。

うーーーーん、うまくいえないけど、
私の中では完全にビジョンは定まっている。

なんか、スタジオじゃなくてもいいのかなっていう気がしてる。

だから、今sangha(サンガ:コミュニティ)を作ろうと思って動き始めています。
どうなるかわからない、サンガという名のスタジオになるかもしれないし。



ティーチャートレーニングなどでお世話になっている、ヨガスポットOMkari先生のブログを読んで、「そうそう!これ!」って思ったので紹介します。
http://loveliveyoga.blogspot.com/2011/02/la-yoga-part-deux.html

みんなが心身ともに健康で、笑っていて、意識的でいられる社会。
そういう大人が子育てをしていける社会。
会社の偉い人や、国の偉い人がシャンティでいられる。
社会人・企業人のストレスが最小限で、企業の生産性が高くてアースコンシャス。
否定や肯定にとらわれすぎず、自分の感覚を持つ。
それが理想であって、私はその手助けをできる立場にいる。
自分が助けになれるって!なんて誇り高いことなの!


ヨガスポットは横浜のスタジオ。OMkari先生、妹さんのsundari先生、それからEmi先生、みんなめっちゃクールでかっこよくてパワフルで、素敵な先生なので、近くの方は是非行ってみて!
http://www.yogaspot.jp/



来月、シニアヨガのトレーニングを受けます。
そして、デイサービスなどで、じいちゃんばあちゃんとヨガできたらいいな。
生きていることの素晴らしさを、自分自身の体を使って感じます。
老いていくことの恐れを手放し、今をキラキラに生きます。


コブヨガにも、マタニティヨガにも、もっともっと力を入れていきます。
もちろん一般のクラスにもね。
それからパートナーヨガ、法人・企業向けのヨガ、親子ヨガ、キッズヨガ、いろいろあります。
ヨガがすべてではないかもしれないけど、これが私の生業だから、全力でやっています。


最近は、土曜日10:30~12:45 少し長めに時間を取って一般クラスをやってます。
普段の1時間ちょいのクラスではできないこと、いろいろ☆

こないだの土曜日には、他者を思いやる瞑想、慈愛をテーマにしたクラスを開催しました。普段は自身を対象にした瞑想がほとんどで、他の人を対象にすることは本当に稀です。

今、世界でいろんなことが起こっています。

苦しんでいる人がたくさんいます。
ずっと遠くにもいるし、隣にもいます。

癒すために必要なのは愛だけです。

愛する気持ちにも筋肉があり、使わないと衰えます。
逆に、愛には限りがありません。

だから、「愛する練習」をしました。
やりかたは・・・
ただ座って、目を閉じて、愛が必要なすべての人に愛を送るだけ。
ヨガのチャトランガ(腕立てみたいな)の練習をするのと同じ。
そんな土曜日でした。


あの日の光景、バイブスは、私がずっと思い描いていた世界だったなーー。
みんなでひとつになって祈ることができた気がする!



文章にすると全然まとまらないんだけど、
今、自分のなかですごくビジョンがくっきりしているので、
そして、そこに確実に近づいているのが見えるので、
記録しておきたく、
日記にしました。


おしまい。


では良い夜を。
ナマステ!

まみ



。。。と、こんな日記を書いたのでした。

理想としてると言ったら頑固者と思われちゃうかもしれませんが、
強くイメージし続けている世界みたいなものがあります。

そして、ふと気がついたら、
そこにすごく近い場所に、自分がいました。

幸せです!!


また時間を見つけてブログ書きます。

書きたいことはいっぱいあるんだよね~~